共同生活のメリット

共同生活のメリットは、何よりも一人ではないことです。他の人たちと一緒に生活することで一人暮らしの不安が払拭できることはもちろん、共同生活ゆえに人間関係での学びがたくさんあります。他の人たちと生活することで必然的にコミュニケーションをとる必要が出てきますし、相手を思いやる気持ちが芽生えます。

また、共同生活ということで良い習慣が自然とたくさん身についていきます。一人だとだらしなくなってしまうこともたくさんですが、周囲に家族以外の人がいるということで甘えずきちんとしようと思えるものです。自分の食べた食器をきちんと下げたり、食事した場所を清掃したり、お風呂や洗面、トイレを使った際には次の人が困らないように、不快な思いをしないようにときちんと最後に汚れていないか確認して出たりということが自然と身についていきます。

衛生観念というのは個人の価値観が強く出てくる部分でもあるので、周囲の人と一緒に過ごすことでその価値観は変わっていくものです。自分は平気だと思っていたけれど、他の人にとってはこれは良くないと思う状況なのだと知れば自然と周囲の人に合わせようと努力できます。逆に自分が潔癖すぎる場合には慣れるまでには苦労するものです。しかし、慣れてくれば今まではダメと思っていたことも受け入れられるようになっていきますし、お互いが上手に妥協しあって良い形へと変わっていくものです。